点検で安全に

外車

様々な事業所で、いろいろな用途で使われるクレーンには形式に複数の種類があります。 例えば、天井クレーンもその内の一つです。そしてそれは、更にホイスト式、トロリ式、チェーンブロック式といった形式の違いがあります。 また橋形クレーンやジブクレーンといったものもあり、それぞれが異なる目的の為に使用されています。 このように多種多様な違いがありますが、点検は法令によって一ヶ月以内、一年以内というように定期的に行うよう定められています。 そしてこのような差異があるので、ひと口に点検と言っても、一回にかかる費用や、定期点検契約を含む保守メンテナンスの金額にはかなりの幅があります。 また各種クレーンは吊り上げ重量も異なるので、その重量に応じて点検費用も変わります。

何かを作るには、物を動かす必要があります。作るものが大きければ、材料も大きく重い物が用いられることもあり、その時に役立つのがクレーンです。 クレーンの歴史は非常に古く、紀元前まで遡ります。古代ギリシャで使われた原始的な起重機がその起源になると言われています。 そして数学者として有名なアルキメデスが、テコの原理を用いて滑車と共に使用するクレーンを考案し、戦争での武器として使用された例もあります。これは紀元前214年のことです。 このようにクレーンは古い時代から人間の活動のために使われてきたものなので、時代を経るごとに進化発展していっています。 現在では、大きく分類すると7種類、細分化すると50種類以上に分ける事ができるほど、用途が広がっています。